総務・広報委員会 中上さとみ委員長 所感

2018-12-21

 この一年、JAYCEEとして「明るい豊かな社会」を築き上げるために率先して行動することの大切さを教えて頂きました。

・2018年度 新春年賀会では、阿須賀神社でご祈祷と宮司よりご講話を頂き、松明に一年の祈願を書くことで、メンバーの意識を一つに出来、組織力を高めることが出来ました。
・2月担当例会事業 想いをひとつに“お燈まつり”では年賀会での松明を理事長に奉納して頂き、事務局に掲げました。そして、参加メンバーと伝統ある神事に関わり想いを一つに出来ました。
・7月担当例会事業 想いをはせる熊野川舟下りでは、子どもたちに熊野の歴史・文化・財産に触れてもらうことが出来、JC活動を知ってもらう事が出来ました。そして、参加メンバーが手を取り合い、JCの存在意義を明確に発信することが出来ました。
・10月担当例会事業 10月合同例会~判断力と初動、大地震に備えて~では、熊野JCと「防災」をテーマにクロスロードゲームを通じ防災に対する意識を高めることが出来、友情を深めることが出来ました。

 今まで何度も問いかけてきた「五つの問いかけ」ですが、昨年とは違うように感じます。
自らを鍛えること・ルールを守ること・真実をつらぬく勇気をもつこと・友情を大切にすること・人のために尽くすこと、この五つの意味を学ぶことが出来ました。

 そして、新たなるステージへと躍進して行く為に、先輩諸兄より脈々と受け継がれてきた伝統を胸に、次年度の創立50周年という更なる高みへと、明るい豊かな社会を創造していきたいと思っております。

 最後に、この私を総務・広報委員会 委員長に任命して下さった平野理事長、有難うございました。
 梅村副理事長をはじめとする三役の皆様、浦賀室長をはじめとする会員開発・研修室メンバーの皆様、岩尾委員長をはじめとするまちづくり委員会メンバーの皆様、有難うございました。
 そして総務・広報委員会 猪飼副委員長、藤社委員、佐藤委員、前地委員、有難うございました。

 この一年間、大変なご尽力を頂きました。心より感謝申し上げます。
 本当に、本当に有難うございました。

Copyright(c) 2015 一般社団法人新宮青年会議所 All Rights Reserved.